「たてもの園」とは

たてもの園について

たてもの園の様子
江戸東京たてもの園は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。
都立小金井公園の中に位置し、敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物が建ち並んでいます。当園では、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。

たてもの園の展示について

■ビジターセンターの導入展示
江戸東京の建物やまちづくりの歴史など、園内の観覧に役立つ展示や武蔵野の歴史や自然、生活文化にちなんだ展示を行っています。
■復元建造物と生活情景再現展示
キャプチャー画像

江戸東京たてもの園では、都内に所在した、近世初頭から現代までの文化的価値の高い建造物を復元・展示するとともに、建物の内部では生活民俗資料などを展示し、一定の時代の生活や商いの諸相を再現しています。

たてもの・展示物の解説を見る

■遺跡・遺構の展示とまちなみの再現
旧武蔵野郷土館が調査・収集した考古・歴史・民俗資料や歴史的建造物の遺構などを屋外展示しています。また、復元建造物によって、下町と山の手のまちなみが再現されています。
■旧武蔵野郷土館資料の展示・特別展
旧武蔵野郷土館から引き継いだ資料の展示や復元建造物、多摩地域の歴史などをテーマとする特別展を開催しています。

旧武蔵野郷土館とは
江戸東京たてもの園が建設されたこの地には、1991 年(平成3)まで「武蔵野郷土館」が、原始・古代から近・現代にいたる武蔵野の生い立ちをテーマに、さまざまな博物館活動を行っていました。江戸東京たてもの園は、旧武蔵野郷土館の貴重な資料を引き継ぎ、その資料を展示室と屋外に展示しています。

お知らせ

■平成28年度 復元建造物 修繕工事のお知らせ (平成29年3月21日 更新)
復元建造物の維持管理のため、園内の複数の復元建造物で、修繕工事を実施しております。
この工事に伴い、安全確保のため、お客様の見学を制限または休止させていただく場合がございます。
文化財を後世に伝えるための、重要な作業です。何卒、みなさまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。
復元建造物 工事内容 工事期間
(平成28年12月〜平成29年3月)
工事期間中の
ご見学について
12月 1月 2月 3月
W1 常盤台写真場 〜平成29年3月上旬まで 工事終了
W2 三井八郎右衞門邸 修繕工事 平成29年1月中旬〜2月下旬まで、
3月21日〜24日(望海床)
見学制限
(望海床のみ見学休止)
W3 奄美の高倉
W4 吉野家
(農家)
 
W5 八王子千人同心組頭の家
W6 田園調布の家
(大川邸)
  〜平成29年3月上旬まで 工事終了
W7 前川國男邸
W8 綱島家
(農家)
屋根葺き替え 〜平成29年2月下旬まで 工事終了
W9 小出邸
W10 デ・ラランデ邸  
C1 ビジターセンター(旧光華殿) 修繕工事 〜平成29年3月中旬まで 工事終了
C2 旧自証院霊屋  
C3 高橋是清邸
C4 西川家別邸  
C5 伊達家の門 屋根瓦修復工事 〜12月下旬 工事終了
C6 会水庵   平成29年2月下旬、3月8日〜9日 工事終了
E1 天明家
(農家)
 
E2 小寺醤油店   〜12月下旬、〜平成29年3月中旬 見学制限
E3 鍵屋
(居酒屋)
屋根瓦修復工事 〜12月下旬 工事終了
E4 子宝湯  
E5 仕立屋 屋根瓦修復工事 〜12月下旬、平成29年2月下旬〜3月上旬 工事終了
E6 武居三省堂
(文具店)
 
E7 花市生花店
E8 万世橋交番  
E9 植村邸
E10 丸二商店
(荒物屋)
屋根等修復工事 〜平成29年3月下旬 見学休止
E11 村上精華堂
E12 川野商店
(和傘問屋)
平成29年1月中旬〜2月上旬 工事終了
E13 大和屋本店
(乾物屋)
E14 万徳旅館

※天候等により、工事期間は変更になることがあります。

ページの先頭へ戻る